クラウドファンディングで資金調達

>

大勢の人に出資されるコツ

宣伝にSNSを使おう

大勢の人に、クラウドファンディングをしていることを伝えてください。
それだけでなく事業計画も具体的に説明することで、興味を持ってくれる人が増えます。
自分の事業を応援してくれるかもしれないので、この時はSNSを使うのが良い方法です。
SNSは、無料でアカウントを作成できるので余計な出費がありません。

また知らない人でも繋がりを持てたり、自由に情報を発信できたりする面がSNSの特徴です。
SNSで出資する会社を探す人もいるので、そのような人と積極的に繋がってください。
しかし自分の会社に出資するよう周囲に強制したり、メッセージを送ったりすることは避けましょう。
そのような迷惑行為をすると、逆に人が離れてしまいます。

失敗しないように気を付けよう

簡単な資金調達の方法だと言われていますが、思うように出資されないとクラウドファンディングは失敗します。
期限までに目標金額に達しなかった場合を失敗と呼ぶので、どのくらいの期限なら確実に目標金額を達成できるのか考えましょう。

かなり大きい金額を求めている際は、半年や1年など長い時間を確保することをおすすめします。
そのためクラウドファンディングは手軽ですが、資金をすばやく入手できる方法ではありません。
時間に、余裕を持って開始しましょう。
ちなみにクラウドファンディングが失敗した場合は、途中まで出資されたお金は出資者に返金される仕組みです。
自分は1円も受け取れず、これまでの時間や努力が無駄になってしまいます。


この記事をシェアする